社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他30拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社会保険トピックス

社会保険トピックス

最新の情報を皆様にお届けします!!

社会保険関連の法律は、その時代時代に合わせて常に変化してきました。

社会保険トピックスのコーナーでは、法改正情報などの社会保険に関連したトピックスを発信していきます。

在職老齢年金の支給停止基準額 4月より47万円から46万円に引き下げ

[ 法改正情報 ] 2017年2月01日

在職中に受ける老齢厚生年金(在職老齢年金)を受給されている方の年金額は、受給されている老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額により、年金額が調整されます。平成29年4月1日より年金の支給停止の基準となる額が変更になります。

<変更内容>
60歳から64歳までの方の
支給停止調整変更額 47万円⇒46万円へ変更
(28万円の支給停止調整開始額については変更ありません)

65歳以上の方の
支給停止調整額 47万円⇒46万円へ変更

詳しくは下記をご参照ください。
厚生労働省「平成29年度の年金額改定について」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000149311.html


65歳超雇用推進助成金(平成28年10月19日~)

[ 法改正情報 ] 2016年10月22日

平成28年10月19日より65歳超雇用推進助成金が創設されました。
定年の引上げ等の措置を実施した事業主に対して助成金が支給されます。

主な支給要件はこちらです。

・就業規則等で下記のいずれかの制度を整備すること
①定年の引き上げ(65歳以上)
②定年の定めの廃止
③継続雇用制度の導入(希望者全員66歳以上)

・就業規則等の整備に社会保険労務士など社外の専門家へ依頼し、
コンサルタント料を支払っていること

・申請時点で1年以上雇用する60歳以上の雇用保険の被保険者が1人以上いること

詳細は下記のサイトをご覧ください。

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
65歳超雇用推進助成金
https://www.jeed.or.jp/elderly/subsidy/subsidy_suishin.html


短時間労働者に対する社会保険適用拡大について

[ 法改正情報 ] 2016年10月01日

平成28年10月から同一事業所の被保険者(既に加入している人)の人数が
1年のうちに6カ月以上、500人を超えている場合、
下記の人が新たに社会保険の加入義務が発生し、新たに取得届を提出する必要があります。

①週の所定労働時間が20時間以上であること
②雇用期間が1年以上見込まれること
③賃金の月額が8.8万以上であること
④学生でないこと

なお、該当する事業所には既に年金機構より通知が送られています。
詳しくは下記をご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/


平成29年1月1日より雇用保険の適用が拡大されます

[ 法改正情報 ] 2016年9月22日

平成29年1月1日より、65歳以上の労働者は「高年齢被保険者」として
雇用保険の適用対象となります。
対象となる労働者がいる場合、事業所管轄のハローワークへ届出が必要となります。

具体的には下記のとおりです。

①平成29年1月1日以降に新たに65歳以上の労働者を雇用した場合
→雇用保険の適用要件(※)に該当する場合、資格取得届の提出が必要です。

②平成28年12月末までに65歳以上の労働者を雇用し、
平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合
→①と同様に、雇用保険の適用要件(※)に該当する場合、資格取得届の提出が必要です。

③平成28年12月末時点で高年齢継続被保険者である労働者を
平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合
→自動的に高年齢継続被保険者から高年齢被保険者へ区分が変更されるため、
ハローワークへの届出が不要です。

※雇用保険の適用条件
1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31⽇以上の雇用見込みがあること。

なお、高年齢被保険者の雇用保険料の徴収は
平成31年度まで免除されます。

また下記についても 平成29年1月1日より改正があります。
●育児休業給付金・介護休業給付金の要件緩和
●特定受給資格者の基準を見直し

詳細については下記をご確認ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000136389.html


平成28年度地域別最低賃金額が改定されます

[ 法改正情報 ] 2016年9月21日

各都道府県の平成28年度地域別最低賃金額及び発効年月日は、下記をご確認下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/


社会保険トピックス ジャンル別過去記事一覧