社会保険・労働保険・労務相談など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事

社労士のお仕事

「社労士のお仕事」をご存知ですか?

社会保険労務士の仕事は、外から見るとよく分からないと言われることが多いのですが、実は企業活動に密接にかかわることが多いのです。

そんな「社労士のお仕事」を、社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所の所員がやさしく解説します!!

複数の会社で働く方の労災保険給付について

[ 労働保険関連のお仕事 ] 2020年9月23日

労働者災害補償保険法の改正により、複数の会社で働く労働者はすべての勤務先の賃金額を合算した額を基礎に給付金額等が決定されることになりました。

さらに、1つの事業場のみの業務上の負荷(労働時間やストレス等)を評価して労災認定できない場合には、すべての勤務先の業務上の負荷を総合的に評価して、労災認定の判断をするようになります。なお、対象となる疾病は脳・心臓疾患や精神障害等です。

今回の法改正の対象となるのは、令和2年9月以降の怪我や病気になります。また、一般労働者だけでなく、特別加入者に関しても今回の法改正が適用されます。

事業主の兼業・副業の適切な把握が今後、ますます重要になっていくと考えられます。


働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)

[ 助成金関連のお仕事 ] 2020年9月09日

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規で導入する中小企業主が対象となります。2次募集分は9月18日交付申請期限となります。
助成対象の取組は、テレワーク用通信機器の導入・運用、就業規則・労使協定等の作成・変更となっています。

受給するための要件として
(1) 事業実施期間中に、助成対象の取組を行うこと。
(2) テレワークを実施した労働者が1人以上いることです。
支給額として、1企業当たり100万円を上限額とし、1/2が補助率となります。

申請の詳細に関しましてはこちらをご確認ください。


年次有給休暇の使途の告知

[ 労務関連のお仕事 ] 2020年9月02日

年次有給休暇をどのような目的で利用するかについては、原則として労働者の自由であると考えられています。

また、取得理由の告知を年休取得の要件とするような就業規則上の規定は、無効となる可能性があります。

しかしながら、多数の労働者が同じ日に年休取得を申し出たために、いずれかの労働者の年休取得日を変更せざるを得ない場合もあるでしょう。そのような場合には、労働者に年休の取得理由を申告させて、その日に年休を取得する労働者を選考するための資料とすることや、申告に応じない労働者をその選考において不利に取り扱うことはやむを得ないと考えられています。

ただし、あくまで上記の場合は例外であり、使用者が必要以上に年休の使途を詮索することは、労使間のトラブルを避けるためにも控えるべきといえるでしょう。


労働移動支援助成金

[ 助成金関連のお仕事 ] 2020年8月19日

 本助成金は、事業規模の縮小等に伴い離職を余儀なくされる労働者党の再就職援助のための措置等を講じる事業主に対して助成するものであり、当該労働者の早期再就職を目的としています。


『労働移動支援助成金』の続き

労働者が精神疾患を発症したとき

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2020年8月12日

 労働者が精神疾患を発症し、その発病が仕事による強いストレスに起因するものと判断された場合には労働災害と認定されます。


『労働者が精神疾患を発症したとき』の続き

社労士のお仕事 ジャンル別過去記事一覧