社会保険・労働保険・労務相談など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事

社労士のお仕事

「社労士のお仕事」をご存知ですか?

社会保険労務士の仕事は、外から見るとよく分からないと言われることが多いのですが、実は企業活動に密接にかかわることが多いのです。

そんな「社労士のお仕事」を、社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所の所員がやさしく解説します!!

打ち切り補償

[ 労務関連のお仕事 ] 2021年7月28日

「打ち切り補償」とは、療養開始後3年を経過しても治らない業務上の負傷または疾病について、使用者は平均賃金の1,200日分の打ち切り補償を行うことで、将来に向けて補償責任から免れ、「解雇制限」の対象外とする制限のことです。


『打ち切り補償』の続き

社労士の1~3号業務について

[ 労働保険関連のお仕事 ] 2021年7月21日

1号業務:申請書類等の作成

1号業務とは、労働社会保険諸法令に基づいて、「行政機関等に提出する申請書、届出書、報告書、審査請求書、異議申立書、再審査請求書その他の書類(電磁的記録を含む)を作成すること」これらの書類の作成や提出代行を行います。
1号業務は、社労士のみが業務を行える独占業務です。

具体的には、労働保険・社会保険の新規加入と脱退などの手続き、労働保険の年度更新の手続き、健康保険の傷病手当金や出産手当金などの給付申請手続き、各種助成金申請手続きなどを行っています。

2号業務:帳簿書類の作成

2号業務とは、労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類(電磁的記録を含む)を作成することや、労働者名簿や賃金台帳等を作成することです。

帳簿書類には、就業規則の書類・労働者名簿の書類・賃金台帳の書類などがあり、すべて労働基準法で作成が定められている書類です。
これらの書類作成についても社労士の独占業務となるため、社労士以外は扱うことはできません。

3号業務:コンサルティング(相談対応・指導)

3号業務とは、事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること。
簡単に言うと、コンサルティング業務です。

たとえば、不況が続くと企業側はなるべく人件費を抑えたいので、派遣社員やアルバイト・パートのような非正規雇用の労働問題や賃金についての相談が多くなります。


年金手帳の色

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2021年6月30日

年金手帳といえば、個人の年金加入記録を管理する番号である「基礎年金番号」が記載された公的な書類です。
さて、皆様がお持ちの年金手帳は何色でしょうか。
青色のものを思い浮かべる方が多いかと思いますが、青以外の色もあるのはご存じでしょうか。


『年金手帳の色』の続き

業務改善助成金

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2021年6月16日

【概要】
中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金の引上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部が助成されます。

【支給要件】
①賃金引上計画を策定すること。
事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる(就業規則等に規定)
②引上げ後の賃金額を支払うこと。
③生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと。
((1)単なる経費削減のための経費、(2)職場環境を改善するための経費、(3)通常の事業活動に伴う経費などは除く)
④解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと 等

【助成額】
申請コースごとに定める引上げ額以上、事業場内最低賃金を引き上げた場合、生産性向上のための設備投資等にかかった費用に助成率を乗じて算出した額を助成します(千円未満端数切り捨て)。
なお、申請コースごとに、助成対象事業場、引上げ額、助成率、引き上げる労働者数、助成の上限額が定められています。

詳しくは、厚生労働省HPをご確認ください。


70歳以上で複数の事業所に雇用されることになったとき

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2021年6月09日

標準報酬月額や標準賞与額の決定について、70歳以上の被用者が複数の事業所に雇用されることとなった場合は、「70歳以上被用者所属選択・二以上事業所勤務届」を事実発生から10日以内に、選択する事業所の所在地を管轄する事務センター(年金事務所)へ提出し、主たる事業所を選択する必要があります。

◎70歳以上被用者
70歳以上であって厚生年金の適用事業所に新たに使用される人、又は被保険者が70歳到達後も引き続き継続して使用される場合で、下記要件に該当する人を指します。

ⅰ)70歳以上
ⅱ)過去に厚生年金の被保険者期間を有する
ⅲ)厚生年金法第27条の適用事業所に使用される人であって、同法第12条各号に定めるものに該当しない


社労士のお仕事 ジャンル別過去記事一覧