社会保険・労働保険・労務相談など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事

社労士のお仕事

「社労士のお仕事」をご存知ですか?

社会保険労務士の仕事は、外から見るとよく分からないと言われることが多いのですが、実は企業活動に密接にかかわることが多いのです。

そんな「社労士のお仕事」を、社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所の所員がやさしく解説します!!

パートタイマーの社会保険加入について

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2020年4月01日

これまでは、一般的に週30時間以上働く方が厚生年金保険・健康保険(社会保険)の加入の対象でしたが、平成27年4月からは、週20時間以上働く方などにも対象が広がりました。


『パートタイマーの社会保険加入について』の続き

雇用調整助成金

[ 助成金関連のお仕事 ] 2020年3月18日

景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成される。


『雇用調整助成金』の続き

失業給付 被保険者期間算定について

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2020年3月11日

雇用保険の失業給付を受給するためには原則として離職日以前2年間に、12ヶ月以上の被保険者期間が必要です。会社都合退職の場合には、離職日以前1年間に6ヶ月以上の被保険者期間で認められます。
 この「被保険者期間」とは、単に雇用保険に加入していた期間ではありません。離職日から過去に遡って1ヶ月ごとに区切っていき、賃金支払日数が11日以上ある月を「1ヶ月」とカウントします。もし、資格取得日が2年以内にあると、最後の期間が暦月1ヶ月に満たないことがあります。その場合、最後の中途半端な期間に暦日が15日以上あり、かつ賃金支払日数が11日以上あるため、「2分の1ヶ月」とカウントします。
 賃金支払日数とは、月給制の場合、欠勤控除がなかった月はその月の暦日そのものです(「31日」の月なら、賃金支払日数は「31日」となる)。欠勤控除があった場合には、実際に賃金計算の対象となった出勤日数のこととなります。


キャリアアップ助成金~正社員化コース~

[ 助成金関連のお仕事 ] 2020年2月26日

キャリアアップ助成金は、非正規雇用の労働者(有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者等)の企業内でのキャリアアップを促進する取り組みを実施した事業主に対して支給されます。

「正社員化コース」では非正規雇用の労働者等の正規雇用労働者への転換、または派遣労働者を直接雇用した事業主に対して助成するものであり、非正規雇用の労働者等のより安定度の高い雇用形態への転換などを通じたキャリアアップを目的としています。


『キャリアアップ助成金~正社員化コース~』の続き

高額な医療費を支払ったとき

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2020年2月19日

高額な医療費を支払ったときは高額療養費で払い戻しが受けられます。
高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。


『高額な医療費を支払ったとき』の続き

社労士のお仕事 ジャンル別過去記事一覧