社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社会保険用語集労働保険関連用語労働者死傷病報告

労働者死傷病報告

[ 労働保険関連用語 ] 2012年11月28日

 事業者は、労働災害等(下記(1)~(4)の場合)により労働者が死亡又は4日以上休業した場合には、遅滞なく、労働者死傷病報告を所轄労働基準監督署長に提出しなければなりません。

(1)労働者が労働災害により、負傷、窒息又は急性中毒により死亡又は休業したとき

(2)労働者が就業中に負傷、窒息又は急性中毒により死亡又は休業したとき

(3)労働者が事業場内又はその付属建物内で負傷、窒息又は急性中毒により死亡又は休業したとき

(4)労働者が事業の付属寄宿舎等で負傷、窒息又は急性中毒により死亡又は休業したとき

 また、休業が4日未満の場合、以下のように期間ごとに発生した労働災害を取りまとめて報告する必要があります。

・1~3月分―4月末日までに報告
・4~6月分―7月末日までに報告
・7~9月分―10月末日までに報告
・10~12月分―1月末日までに報告

 尚、派遣労働者については、派遣元及び派遣先双方の事業者がそれぞれ所轄の労働基準監督署に提出する必要があります。


※助成金受給にあたっては、上記のほかにも各種要件がございます。
当事務所にてお手続きしている助成金と、お受けしていない助成金がございます。
ご興味がある方は当事務所へお気軽にお問い合わせください。

※このページは2012年11月28日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

労働保険関連用語一覧に戻る