社会保険・労働保険・労務相談など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社会保険用語集基本用語介護休業給付について

介護休業給付について

[ 基本用語 ] 2019年3月13日

介護休業給付は、労働者が介護休業を取得しやすく、職業生活の円滑な継続を援助・促進することを目的としています。

介護休業給付金は、対象家族を介護するために休業した雇用保険の被保険者が、次のいずれにも該当する場合に支給単位期間について支給されます。
① 対象家族を介護するための休業をしたこと
② 休業を開始した日の前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある完全月が12か月以上あること
介護休業給付金は、以下の①および②を満たす介護休業について、支給対象となる同じ家族について93日を限度に3回まで支給されます。
① 負傷、疾病または身体上もしくは精神上の障害により2週間以上にわたり常時介護を必要とする状態にある家族を介護するための休業であること
② 被保険者が、その期間の初日および末日とする日を明らかにし、事業主に申し出を行い、実際に取得した休業であること。

※このページは2019年3月13日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

基本用語一覧に戻る