社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他40拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事助成金関連のお仕事若者チャレンジ奨励金

若者チャレンジ奨励金

[ 助成金関連のお仕事 ] 2013年6月12日

若者チャレンジ奨励金とは、35歳未満の若者を自社の正社員として雇用することを前提に自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓練)を実施する事業主の方に支給される奨励金です。

奨励金の対象となる方
~35歳未満の若者であって、以下のいずれにも該当する方~
・ 過去5年以内に訓練を実施する分野で正社員としておおむね3年以上継続して雇用されたことがない者などであって、登録キャリア・コンサルタントにより、若者チャレンジ訓練へ参加することが適当と判断され、ジョブ・カードの交付を受けた者
・ 訓練を実施する事業主と期間の定めのある契約を締結をする者など
※ 新規学校卒業予定者および新規学校卒業者は、原則卒業日が属する年度の3月31日まで若者チャレンジ訓練の対象者として募集できません。

主な要件
・ 自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)を組み合わせた訓練であって、全体の訓練時間にOJTの占める割合が1割以上9割以下であること
・ 1ヶ月当たりに換算した訓練時間が130時間以上であること
・ 訓練受講者の訓練期間中の主要な労働条件(就業時間、休日および賃金形態)が訓練受講者を正社員として雇用する場合と同じであること
・ 訓練期間が3ヶ月以上2年以下であること
・ 実習(OJT)と座学(Off-JT)のそれぞれについて、訓練科目名、実施内容、実施時間時間等が明確に示された訓練カリキュラムを作成すること
・ ジョブ・カード様式4(評価シート)を作成し、それによって訓練受講者の職業能力の評価を行うこと

支給額
訓練奨励金・・・訓練実施期間に訓練受講者1人1月当たり15万円
正社員雇用奨励金・・・訓練終了後、訓練受講者を正社員として雇用した場合に、1人当たり1年経過時に50万円、2年経過時に50万円(計100万円)

※助成金の受給にあたりましては、上記の他にも各種要件がございます。当事務所でお手続きしている助成金と、お受けしていない助成金がございます。ご興味のある方は当事務所へお気軽にお問い合わせください。

※このページは2013年6月12日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

助成金関連のお仕事一覧に戻る