社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事社会保険関連のお仕事児童に関する労働時間の制限

児童に関する労働時間の制限

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2014年12月11日

 労働基準法では、15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまでの者を児童と呼びます。

児童の労働は原則禁止されています。ただし例外もあり、非工業的業種の事業に係る職業で、児童の健康及び福祉に有害でなく、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童を就業時間外に使用することができます。また、映画の作成又は演劇の事業については満13歳に満たない児童でも使用することができます。

 児童については、休憩時間を除き、修学時間を通算して1週間について40時間を超えて、労働させてはなりません。1週間の各日については、休憩時間を除き、修学時間を通算して1日につき7時間を超えて、労働させてはなりません。

 深夜業については、午後8時~午前5時までの間において使用してはなりません。ただし、厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、深夜業の時間帯を地域又は期間を限って、午後9時~午前6時までとすることができます。

児童の区分 就業が禁止される深夜業の時間帯
下記以外の児童 午後8時~午前5時
演劇子役の児童 午後9時~午前6時

※このページは2014年12月11日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

社会保険関連のお仕事一覧に戻る