社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事社会保険関連のお仕事健康保険の被保険者や被扶養者が出産したとき

健康保険の被保険者や被扶養者が出産したとき

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2010年4月07日

健康保険の被保険者や被扶養者が妊娠4月(85日)以上で出産した時、一定の要件を満たすと1児につき38万円が支給されます。双子であれば76万円となり、人数分支給されます。(平成21年10月1日から平成23年3月31日までに出産された場合は42万円)

●出産一時金

 1)産科医療保障制度に加入する医療機関における出産である場合
  →38万円 支給
 (平成21年10月1日から平成23年3月31日の出産である場合は42万円)

 2)産科医療保障制度に加入していない医療機関における出産の場合
  →35万円 支給
 (平成21年10月1日から平成23年3月31日の出産である場合は39万円)

※1・2ともに条件として在胎週数が22週以降の出産である(死産を含む)


支給申請を行うには「健康保険被保険者・家族出産育児一時金支給申請書」に医師・助産師等の出産証明を受け、全国健康保険協会へ提出します。

また、医療機関を受け取り代理人とした事前申請を行うこともできます。これにより病院で支払う出産費用を減らすことが出来ます。

※このページは2010年4月07日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

社会保険関連のお仕事一覧に戻る