社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事社会保険関連のお仕事被保険者の給料が大幅に変わったとき

被保険者の給料が大幅に変わったとき

[ 社会保険関連のお仕事 ] 2009年10月07日

被保険者の報酬が、昇(降)給など固定的賃金の変動に伴い大幅に変わったときは、定時決定(被保険者の報酬にあわせて毎年9月に保険料を見直し、決定することです)を待たずに標準報酬月額の改定が必要となります。

これを「随時決定」といい、以下の条件をすべて満たすときに行われます。

1.固定的賃金に変動があったこと
  例…昇給・降給、固定的手当の変動、給与体系の
     変更等

2.変動月以後の3ヶ月間の報酬の平均に2等級以上の差が生じたこと

3.3ヶ月とも支払い基礎日数が17日以上であること

「随時決定」の該当者がでた場合は、すみやかに「被保険者報酬月額変更届」を管轄の社会保険事務所に提出します。例えば、4月昇給の場合は、4月、5月、6月に支払った報酬月額とその平均額を届出し、7月から標準報酬月額が変わります。

このとき、報酬月額には、残業手当などの非固定的賃金も含まれるので、注意しましょう。

※このページは2009年10月07日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

社会保険関連のお仕事一覧に戻る