社会保険・労働保険・労務相談など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事労務関連のお仕事従業員が労災により障害が残った場合

従業員が労災により障害が残った場合

[ 労務関連のお仕事 ] 2019年7月31日

業務または通勤が原因となった負傷や疾病が治った時、身体に一定の障害が残った場合には業務災害の場合障害補償給付、通勤災害の場合障害給付が支給されます。

●給付内容
残っている障害が障害等級表に掲げる障害等級に該当するとき、その障害等級に応じてそれぞれ支給されます。障害等級は第一級から第十四級まであります。

第一級から第七級:障害(補償)年金、障害特別支給金、障害特別年金
第八級から第十四級:障害(補償)一時金、障害特別支給金、障害特別一時金

また、船員については、労災保険給付に加え、船員保険から給付される場合もあります。

●支給額
それぞれの障害等級に応じて、支給されます。
給付基礎日額の最短56日分~最長313日分です。

●支払い月
障害(補償)年金は、支給要件に該当することとなった月の翌月分から支給され、毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の6期に、それぞれの前2カ月分が支払われます。

※このページは2019年7月31日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

労務関連のお仕事一覧に戻る