社会保険・労働保険・労務相談など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事労務関連のお仕事健康診断の実地・受診

健康診断の実地・受診

[ 労務関連のお仕事 ] 2019年3月20日

事業所は労働者に対して医師による健康診断を実施する必要があり、また労働者は事業所が行う健康診断を受けなければなりません。常時使用の労働者に対する一般健康診断と特殊業務に従事する労働者に対する特殊健康診断の2つに大別できます。

一般健康診断を実施する時期は、雇入れの際と1年以内ごとに1回。どちらも常時使用労働者が対象です。一方で特殊健康診断は、定められた有害業務に常時従事する労働者に対し実施します。雇い入れ時以外に6ヶ月以内ごと(四アルキル鉛等業務については3ヶ月)に1回行わなければなりません。

定められた有害業務とは、有機溶剤業務、鉛業務、高圧室内業務、潜水業務、放射線業務、除染等業務、四アルキル鉛等業務、等が挙げられます。

健康診断受診後は、本人への結果通知のために健康診断個人票を作成・通知する必要があります。

※このページは2019年3月20日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

労務関連のお仕事一覧に戻る