社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他40拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事労務関連のお仕事出産一時金と出産手当金

出産一時金と出産手当金

[ 労務関連のお仕事 ] 2017年12月06日

出産一時金と出産手当金の違いに関して説明致します。

出産一時金は、正確には出産育児一時金といいます。主に出産の費用についての助成です。
•金額:42万円~
•申請先:会社or加入している健康保険
•申請の時期:出産後2年以内
金額は基本的には42万円ですが、加入している健康保険によっては上乗せがある場合もあります。ちなみに本人が会社勤めをしていた場合で退職後半年以内であれば、会社で加入していた健康保険から支給されます。国民健康保険の方は市役所などに申請します。

なお万が一流産や死産の場合など出産に至らなくても、妊娠4ヶ月以上であればもらえます。


出産手当金は加入している健康保険から出るお金です。妊産婦自身が勤めていた場合で出産のため会社を休んだ場合に、お給料の代わりとして支給されます。
•金額:1日につき、規定のお給料(日額)の2/3
•申請先:会社or加入している健康保険
•申請の時期:産休に入ってから2年以内
対象となるのは産前産後休暇の期間。つまり出産予定日(または予定日を過ぎて出産したときは出産の日)以前42日(多胎妊娠の場合98日)から、出産の翌日から56日目までです。

出産の証明が必要となりますので、あらかじめ会社や健康保険に用紙をもらっておき出産後に郵送等で手続きをしましょう。

※このページは2017年12月06日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

労務関連のお仕事一覧に戻る