社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算など|東京都千代田区他50拠点以上 社会保険労務士法人 西村社会保険労務士事務所

HOME社労士のお仕事労働保険関連のお仕事従業員を雇用保険に加入させる時

従業員を雇用保険に加入させる時

[ 労働保険関連のお仕事 ] 2008年12月24日

従業員が雇用保険に加入するためには、「雇用保険被保険者資格取得届」を作成し、管轄のハローワーク(公共職業安定所)へ提出します。

また、確認書類として「労働者名簿」「出勤簿またはタイムカード」「賃金台帳」「雇用契約書」などの書類が必要になります。

転職者で雇用保険に加入したことがある従業員の場合は、前職の雇用保険被保険者番号の確認が必要になります。この番号は、転職等の異動があっても引き続き同一の番号を使用します。同一の番号を使用しないと被保険者期間が通算されず、離職後の給付内容に不利益が生ずる場合があります。

手続が完了すると、「雇用保険被保険者証」が発行されます。

※このページは2008年12月24日時点の情報を元に執筆されています。最新の情報とは異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

労働保険関連のお仕事一覧に戻る